NGな服装は?

ドレスをレンタルするにしても、マナーを知った上でもNGな服装になってしまうことがあります。そういったことを避けるには、どんな服装がダメなのかを知っておいたほうがいいでしょう。

マナーを知っておく

友人や親族の結婚式に参列するとなれば、女性だとドレスを着用することになります。最近では、ドレスレンタルする人が増えていますが、レンタルする際に知っておいたほうが良いマナーがあります。

ブランドも安く

結婚式に着ていくドレスは、レンタルだと有名なブランドのものを安い価格で借りられます。それに、今のトレンドを取り入れたドレスを貸してもらえるので参列する時に被ることはほとんどないでしょう。

華やかな服装

結婚式は、新郎新婦が愛を誓うことをお祝いする為に行なう儀式になります。その為、主役は新郎新婦である二人となりますが参列するゲストも華やかな服装で行くことになります。
男性の衣装は、紺などの目立たない色のスーツ姿でいいのですが、女性はドレスや着物で参列することになります。
どうしてドレスや着物で参列するのかといえば、結婚式はお祝いごとですから華やかな場にする為に衣装も明るいドレスや着物が良いとされています。
その為、結婚式に参列するゲストの女性は花嫁と被らない色のドレスを着用したり、着物で参列したりすることが多いのです。
しかし、華やかにするなら何でも良いというわけではありません。結婚式には、マナーを守らないといけませんし、常識だって知っておかないと自分も恥をかきますし、招待してくれた新郎新婦にも恥をかかせてしまうことになります。
ですから、結婚式に参列するというのならどういったドレスなどを選んだら良いのか事前に知っておいたほうがいいでしょう。

結婚式は、あくまでも新郎新婦が主役ですし、お祝いの場になりますので清潔感のある服装、そしてマナーと常識を知った上で参列しましょう。
どういった服装がいいのか分からないのなら、インターネットでも調べられますし、ドレスレンタルのお店で相談することもできます。
最近では、ネットショップのドレスレンタルもありますのでそういったところには、シーン別にドレスを紹介してくれています。
そういったところで借りれば、マナー違反の服装や常識外れの服装は避けられるので一度確認してみるといいでしょう。